矢田生活協同組合医療センター 歯科・口腔外科
ホーム > 医院案内-設備紹介

INTRODUCTION

設備紹介

当院の外観と駐車場

当診療所は、歯科口腔外科の他、内科・整形外科からなり、大阪市の南端に位置し、すぐ横には大和川が流れており長閑なところにあります。
建物は2006年8月に新築され、歯科口腔外科は2階にあり、エレベータも完備され全館バリアフリーになっています。
また、隣にはコインパークがあり、当院と提携しており駐車場も完備しております。

診療室

ユニットは5台で、ユニットごとに仕切りを設け、大きな窓からは緑も眺めることができ、日当たりがよく開放的でゆったりとリラックスして診療を受けていただけます。また、衛生士による予防専用ユニットや、周りを気にすることなく納得いくまでお話のできるカウンセリングルーム(個室)を設置しております。 また、診療室には空気清浄機(2台)を備え、各ユニットには口腔外バーキュームを設置し、診療室内の空気環境にも配慮しております。

手術室

ただの個室ではなく、空調設備から整えたクリーンルーム(無菌室)です。インプラントの埋入手術は全症例この手術室で行います。また、モニターを備え、全身管理のもと静脈内鎮静を併用して手術を行いますので、安全かつ苦痛のない手術を受けていただけます。

滅菌室

約12㎡の広さがあり、半時計周りに洗浄から滅菌まで系統的に作業ができる設計になっています。超音波洗浄機、全自動器具洗浄機、ケミクレーブ、ガス滅菌気を備え、外科器具はもちろん、その他の器具類もすべて滅菌しており、院内感染対策には万全を尽くしております。

レントゲン室

従来機より放射線量を少なくしたデジタルX線システムを導入しており、X線撮影による被爆線量を低減しております。
通常のレントゲン写真が2次元のみの撮影なのに対し、3次元(水平・垂直・奥行)で撮影できるため見たい断面を自在に表示でき、3D画像での診断が可能です。当院ではファインキューブを導入しております。このファインキューブは、撮影部位や撮影画像にもよりますが約19秒で撮影が終了し、撮影画像も鮮明ですので、より高い診査・診断が可能です。

ノーベルガイド

T検査のデータを基にコンピュータにて3Dシミュレーションを行い、そのデータを基に手術用のテンプレート(ノーベルガイド)を作製します。
ノーベルガイド利用して手術することで、術前のシミュレーション通りにインプラントを埋入することができます。
ノーベルガイドは、治療計画からインプラント埋入までを正確にサポートできるシステムで、インプラント治療を安全・確実に行うことができます。
また、骨造成を回避できるケースもあり、より低侵襲手術ができるメリットがあります。

ご予約・ご質問等がある方はこちら歯科インプラント治療でお悩みの方、口腔外科のことなら矢田生活協同組合医療センター歯科・口腔外科

topへ